弾丸帰省!亡父の三十三回忌!

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

9月5日は父の命日。
早いもので今年で三十三回忌。
このコロナ禍のせいで、東京人の県外移動は何処でも歓迎されていない。
しかし、母ももう92歳。
この機会を逃すと一生悔やんでも悔みきれないという思いで、日帰り神戸帰省を敢行。
コロナ禍のお陰と言っては何だが、新幹線はがら空きという情報があるので、往復の特急券は自由席で。

立川駅を朝4時35分に出る中央線快速に乗り込み、5時21分に東京駅に到着。
東京駅6時発ののぞみ1号に乗り換えて、一路神戸へ。
新神戸に到着が8時36分。
懐かしい景色。

記念撮影。

変わらぬ駅前ホテル。

11時にお寺さんが来て、読経の後、お昼は大天狗のお寿司。

記念撮影もパチリ。

お暇乞いもそこそこに、帰路へ。

トンネルの写真を撮っていたら、ホームの駅員に叱られた。

行きの電車ではウトウトしていたので、帰りに富士山を撮ろうかと思ったら、曇り!

富士山見えませんI
富士山見えませんII

帰宅後、久しぶりに缶ビール一杯。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました